五 味 塾
■五味塾のこだわり■
□■□■数学■□■□

数学は楽しい!
他の教科に比べると数学は覚えなければならない公式や条件が 非常に少ないと言えます。しかしその問題を理解し解けた時に は大きな喜びと自身を持てる教科です。五味塾の数学に授業で は 「めんどくさい」 「全然わからない」 この言葉をなくすよう に心がけています。答えが違ったら前の段階、前の段階へと理 解できるところまで戻って、その問題を解くカギを見つけて行 きます。正解のでた喜び、うれしさその瞬間を大切にします。 「出来た」 「答えがあった」 「もう授業終わったの!短いな。」 こんな言葉が出てくると数学は楽しくなるのです。五味塾で数学 に自身をつけよう。

□■□■英語■□■□
COMMUNICATION
それぞれが無限の能力を持っている。花開く時期は、それぞれに 違うし1度だけでもない。1日でも早く自分の能力に気づき、力強く歩み 出すことを望まずにはいられない。今は成績が良くなくても、ある日突然 眠りからさめたように動き出すよう、コミュニケーションを大切にし、50 分間気がぬけません。「英語きらいな子へ!どうしてそんなこと言うの? まだ始めて1・2年位でしょ!英語の教科書と本気で向き合ってみた? 頭から拒否していない?一緒にやってみようよ。遅くなんかないんだよ。」
□■□■理科■□■□
理科大好き!
毎日ふれあっている自然には、ちょっと気をつけて目を向ける とたくさんの不思議がかくされています。そんな不思議の一つ 一つに興味をもって解決していくのが理科です。 教科書や学校の授業ではわかりにくかったことも、五味塾の理 科を受ければ大丈夫!小さな子でものみこめる、かみくだいた 説明が授業の中心です。今まで理科が嫌いだった子も、きっと 大好きになるでしょう。もともと理科が好きな子は、もっと好 きになるでしょう。得意教科を1つ増やしませんか。
□■□■社会■□■□

最小の努力で最大の実力になるよう養成します!!
 
※ちょっと長めの文章ですが、気楽に最後までお付き合いください。
 
「社会は覚えることが多いから面倒くさい。」とみなさん日々思っていることでしょう。それって「何をどう覚えればいいのかよくわからない」ため、教科書に書かれていることを「全部」覚えようとしていることに原因があるのではないでしょうか。たぶん英語の時も英語の文章を文法や熟語の形を無視して「丸暗記」する、なんてことしているんじゃないんですか?
 でも「ルールも法則も考えない」勉強って、それこそ大変だしすぐ忘れてしまいますよ。だからこの社会の授業では「定期テスト・学力調査・入試」などによく出題される項目は、徹底的に解説をし、「こう出題されたらこう答える」という解法も身に付けてもらいます。社会も出題のされ方には一定の規則性がありますので、それを徹底的に覚えましょう。そうすれば多少違った出題のされ方をしても答えることができるようになります。
 
通常授業では学校の予習を心がけ、テスト等で出題率の高い項目の解説にに多くの時間を割きます。さほど出題率が高くない項目に関しては、一問一答で対処します。こうやって,「どの項目に時間を費やし、どの項目に時間をかけないか」ということを明確にし、メリハリのある授業をみなさんに提供します。
 また別枠で中3生を対象に
「地理・歴史補習講座」というものを新規に開設しました。これは「公民」という新しい科目の勉強に一生懸命のあまり、地理や歴史を忘れてしまわないようにとの願いから、開設しました。しかし目的はそれだけではなく、「社会」自体に苦手意識を持ってしまっている生徒に「あきらめずもう一度最初から復習してみようよ」という熱い思いも包含されています。この講座の最大の特徴は「やる気が無くなってしまうような『長文問題・資料解釈問題』」は一切扱わないということです。ひたすら「一問一答」に徹していきます。一問一答だからサクサク問題が解け、しかも短時間で大量の知識の復習が可能です。この講座で「基礎力」を身に付けるだけで社会を学習していて苦にならないはずです。「社会なんてヤダ!!」とあきらめてしまうのは、もう少し待ってください。再度一からやりなおしてみる価値は絶対にあります。「へえー、!こんな考え方もあったんだ!!」と思わず感動してもらえるような、みなさんの脳内に革命をもたらすような授業を用意してお待ちしております。
※ここまで読んでくれたあなた。きっとあなたはもう「社会」の虜(とりこ)になっているはず。
□■□■国語■□■□
教科書の本文の要点理解で定期テスト等に打ち勝つ!!
 「学校の授業で学習した文章が出て来たのにも関わらず、定期テストで点数がとれない。」とお嘆きの皆さん。それはやはり学習の仕方に問題があるのではないでしょうか。
 国語は「漢字」や「古典」、「文法」を除いて暗記を必要としない教科です。しかも「答えが本文に書かれている」という教科でもあります。だからこの当塾の国語の講座を利用して、教科書の本文の
「どこの部分にどんなことが書かれているのか(これを『段落構成』といいます)」を復習し、頭に入れておくだけで得点につながります。しかも教科書の文章で試験に出題されやすい部分は比較的容易に分かります。
 定期テスト前などに国語を勉強しないでそのままぶっつけ本番、なんて人いるのではないでしょうか?国語もしっかりと傾向と対策がつかめる教科です。是非国語を「予習・復習する教科」にしていきましょう。

小学生/中学生の部

五味塾のこだわり 教室のご案内 掲示板・お問合せ